人気ブログランキング |
ブログトップ

威風凛然 ~おとなの発達障害、難病、認知症の家族を支える~

tima4.exblog.jp

おとなの発達障害の娘と難病の主人、認知症の母と要介護5の父との暮らしを綴っています

<   2017年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

夏日にそうめん_f0343531_22122034.jpg




今日はケアマネさんとの面談日
二日ぶりに母と会う

週末からの夏日をどう過ごしてるのか気になっていた

週末は弟がいるので心配はないが
男では何かと気が付かないのではないかと・・・

流石に暑いのか薄手の服を着て扇風機を回してた・・・

いつもは母の好物のサンドイッチを持って行くのだが・・・
この暑さで参ってるだろうと
そうめんを茹でてキンキンに冷やして持って行った

ケアマネさんとの面談後に早目の夕食を・・・
実家の近所のスーパーでちらし寿司をゲット165.png
冷たいそうめんと冷奴に舌鼓をならす母

美味しい美味しいと喜ぶ母の顔に安堵する・・・

長生きしてや母上様

by ti-ma4 | 2017-05-23 22:10 | 母親
甘えは許されないのか・・・_f0343531_21134123.jpg



先日母がガス代を払ってくれないと
農協さんから連絡があった



いつもスムーズに支払いができてるのに・・・

詳しく聞くと・・・
担当者が異動で変わったので母は
新しい担当者を農協さんがガス代を集金に来てると認識できなかったようだ

ケアマネさんやデイサービスの方々と間違えて家に招き入れる素振りをみせるらしい

農協さんとの会話の中で担当者が変わったから認識できなかった事を伝え詫び支払いには私が行くからと伝えた

前任者は本当に良くして下さった
長年の担当だったから母も覚えてるし・・・
父を亡くし母がひとり住む同じ境遇だからと至れり尽くせり・・・いくら感謝してもしきれない
そんな彼に私達親子は甘えすぎていたんだ

新しい担当者曰く・・・
係りの者は異動で部署も変わるし代わりの者が集金に伺う事もある!と・・・
との言葉はごもっともではあるんだけど少し堪えたな・・・

寝込む寸前まで落ち込んだあたしはまだまだ自分の心が直っていないことを自覚した

地域の方々とのふれあいは集金を含めたら迷惑なんだな・・・引き落としにすれば簡単ではあるがリハビリを兼ねてと甘い考えをしていたあたしが間違ってた






by ti-ma4 | 2017-05-23 07:39 | 認知症
暑い!と心配事が増える_f0343531_21215587.jpg


寒い時より暑い時の方が介護は大変・・・

冷蔵庫の中を母は整理整頓できない
認知症は鼻が効かない
当然食中毒になりやすい
お風呂に入らないから不衛生
エアコンや扇風機ど涼をとることがてきない

お風呂はデイサービスでの週2回のお風呂が頼みの綱だが私の体調が良い時は近くのスーパー銭湯へ連れていく

働いてる時は職場が近かったので毎日お昼にお惣菜を持って母に食べさせていた
それでも鼻が効かないから昨夏には傷んだものを食べて食中毒に・・・
冷蔵庫内を勝手に整理整頓したらずっと怒り狂っている
自分のテリトリーに手を出されるのが本当に嫌らしい
けど放っておけばまた食中毒
何よりもゴミを冷蔵庫に入れるので捨てなければ不衛生
これで毎回大喧嘩になる
元々もったいないお化けや母の性格もあるのと田舎に住むので食材をすぐに調達できないため買い置きと作りおきを欠かせない生活を余儀なくされてきたせいでもある

あと
エアコンや扇風機の涼問題
扇風機はよく使うがもったいないお化けの母はエアコンを使わない
熱帯夜でも部屋は閉め切りそのまま寝てる
朝、ぐっしょりと寝汗をかいてるとよく言うてる
弟が泊まりにいく日はエアコンを使うけどいない日は・・・熱中症が心配だ





by ti-ma4 | 2017-05-21 21:15 | 母親
スムーズにいかないよな_f0343531_12101991.jpg



5月より失業給付を受けながら職業訓練でWEBクリエーターの学校へ通う
朝、電車に乗る前に実家へ寄り
母のデイサービスの用意をする
けど1時間後のお迎えに素直に行ってくれない

でかいパネルに書いてもだめ。。。
もともと嫌で嫌でしかないのだから仕方ないか



方法を考えよう。。。






by ti-ma4 | 2017-05-20 13:50 | 母親

どんな頭の中やねん_f0343531_22392633.jpg

by ti-ma4 | 2017-05-04 22:37
三回忌_f0343531_22013378.jpg




早いものでもうすぐ父親の三回忌


2年前の早朝・・・
午前5時に枕元の携帯が鳴る
父の施設から・・・嫌な予感

急変したという知らせだけどもうすでに事切れてるようで
間に合わないと看護婦さん

本当に未だに悔いが残る
本当にあの病院であの施設で良かったのか

誤嚥性肺炎で入院したあと一切の水分と食物を口からの摂取を禁じられた
前日まで元気に食べていた人間が
老齢を理由に喉に飲み込む動作を忘れてると・・・

何度も検査をしたとも・・・
検査に立ち会わせてほしいというと
半分キレられた・・・検査の先生に失礼だと・・・

仕事で自由にならない親族ならどんな言い訳も
どんな言い分も通ると思われてる気がしてならなかった




結局、亡くなるまでの半年
父は一滴の水分もひとかけらの食べ物も口にすることなく
亡くなった

パートでありながら責任のある仕事をしていたため
自由に休むこともできず
父の介護には後悔が残る
大学生ふたりの学費が重くのしかかり
長年病んでいた主人の代わりに
生計を支える私が遅刻早退を繰り返せない
父の施設の費用や入院費
実家の家賃に母の生活費
思い返しても地獄の毎日

会社と自宅と実家と施設
毎日毎日4か所の往復と主人の世話
いつまで続くのか・・・心の中でつぶやいた瞬間に
父が旅立った

私の辛抱が切れそうなのを父は分かっていたのかも・・・

2年過ぎても父には十分な世話が出来なかったことが
悔やまれてならない








by ti-ma4 | 2017-05-01 21:59